指導者紹介

音楽監督 西岡 茂樹

 1955年兵庫県生まれ。
 高校時代から合唱と指揮を始め、その後、大阪大学混声合唱団で3年間に亘り学生指揮を務める。1979年には豊中混声合唱団に入団、副指揮者を経て1989年より常任指揮者、2002年より音楽監督兼常任指揮者となる。また2001年には豊中少年少女合唱団を設立、次の世代を担う合唱人の育成にも力を注ぎながら、現在、特性の異なる団体で指揮者を務めている。関西大学グリークラブでは2004年から客演指揮を務め、2006年に音楽監督に就任している。その他、一般団体や大学合唱団への客演も多い。
 合唱指揮を田中信昭、須賀敬一の両氏に師事し、大きな影響を受けている。
 指揮活動の最大の関心は、『世界に誇ることができる日本固有の合唱芸術の創造』にあり、主として現代日本の創作家の意欲的な作品を取り上げ続けている。これまでに、池辺晋一郎、一柳慧、伊藤康英、鈴木英明、高田三郎、千原英喜、寺嶋陸也(5作品)、新実徳英、信長貴富、萩京子(6作品)、三善晃(3作品)、矢田部宏、山岸徹の諸氏等への20曲以上の委嘱初演を成功させている。  また、近年、『大人と子どもが共に歌い合う合唱』にも注力しており、三善晃作詞・作曲「葉っぱのフレディ」、松下耕「おわりのない海」、「未来へ」、信長貴富「ゆずり葉の木の下で」を、児童+混声の編成でプロデュースし、初演している。
 現在、豊中混声合唱団、豊中少年少女合唱団、女声合唱団あい(山口県)、女声合奏団Stella(三田市)等、特性の異なる各団体で指揮者を務めており、一般団体や大学合唱団への客演も多い。
 関西合唱連盟理事、大阪府合唱連盟理事、日本合唱指揮者協会関西支部委員、21世紀の合唱を考える会「音楽樹」会員。奈良産業大学教授。
ホームページはこちら→ http://www.nara-su.ac.jp/~nishioka/music.htm

ボイストレーナー 東 平聞(あずま としひろ)

 大阪音楽大学卒業。同大学専攻科修了。
 卒業後、活動の中心をオペラに置き、関西二期会や各地オペラ団体などで、「メリーウィドウ」 ダニロ、「ラ・ボエーム」 マルチェロ、ショナール、「愛の妙薬」 ドゥルカマーラ、「蝶々夫人」 ゴロー、「こうもり」、「カルメン」、「セヴィリアの理髪師」、「ドン・パスクアーレ」、「ドン・ジョヴァンニ」、「椿姫」、「コジ・ファン・トゥッテ」、「秘密の結婚」等、これまでに30を超える公演に出演。2006年度文化庁人財育成オペラでは「ジャンニ・スキッキ」のタイトルロールを演じた。作品や人物背景の読み込みによる優れた演技力は常に高い評価を得ている。また、第九やメサイア、宗教曲のソリストとしても出演。2012年は「フィガロの結婚」「カルメン」「カプレーティとモンテッキ」「ドン・ジョヴァンニ」「蝶々夫人」他に出演。
 関西二期会会員、上方オペラ工房メンバー、大阪音楽大学付属音楽院講師。

inserted by FC2 system